かるみるくは効果なし!という悪評について調べてみた。

かるみるくの悪評・効果なし!というのは、具体的にどんな効果無しのことなのか?ちょっと調べてみました。

そもそもサプリメントに「効果」や「効能」という言葉を使用するのはおかしいです。

かるみるくを語る上で、最も重要なのは、当たり前ですが「カルシウム」

恐らく、購入者の大半がカルシウムの不足を心配して、手に取ったのではないでしょうか?

そしてカルシウムは、摂取量が不足していても、すぐに人体に目に見える悪影響を与えるわけではありません。

逆に言うと、「カルシウムが不足している人」が、カルシウムを十分に摂るようになってもすぐには、カルシウム効果を実感できないということです。

このあたりの理解が薄い方が、かるみるくは効果がない!!とすぐに決めつけてしまい、悪評が出てしまう理由だと思います。

この辺りの情報は、少し掘り下げて「カルシウム」に関して、耳寄り情報を記載した方がいいと思いますので、以下に記載しておきます。

カルシウムは体の中で一番多いミネラル。99%が骨と歯に存在

そうなんです。

  • 99%は骨と歯、骨はカルシウムの貯蔵庫(貯蔵カルシウム)
  • 1%は筋肉や血中に存在(機能カルシウム)

カルシウムが不足した場合

骨から(貯蔵カルシウムから)カルシウムを溶かす→血中に供給→血中カルシウム濃度を保つ
→これが続くと、骨粗鬆症などにもなる。

体内でのカルシウムの主な役割

①免疫力の維持

  • 体液をアルカリ性に保つ
  • 白血球はアルカリ性環境下で、十分に実力を発揮
  • なので、体液をアルカリ性に保つことは、免疫力を保つ上で重要

②イライラの気持ちを抑制する

  • 神経が興奮するとイライラする
  • カルシウムは神経の興奮を静める
  • それがイライラしづらくなる体質へと導く

カルシウムは吸収率が悪い。

実は、牛乳はカルシウムがそこまで多いというわけではないんです。牛乳はカルシウム吸収率が良いので、カルシウム摂取に適していると言われているんです!(ミルクカルシウム)

カルシウム吸収率は以下の通り

  • 牛乳:39.8%
  • 小魚:32.9%
  • 野菜:19.2%

牛乳の吸収率が良いのは、「乳糖」や「CPP」がカルシウムの吸収を促進していると考えられています。

(出典:公益財団法人骨粗鬆症財団、URL:http://www.jpof.or.jp/faq/faqprevention/

でも、牛乳は「リン」が含まれている。それが、カルシウム吸収を阻害してしまいます。

どういうことかと言うと、リン自体は悪い物質ではありません。あまりにもカルシウムと仲が良すぎて、カルシウムとリンが結びつき、体への吸収を阻害してしまうのです。

そこで、かるみるくの出番。

カルシウムとリンを「2:1の割合」で、体に吸収されやすい比率で配合し、カルシウムの吸収を促進します。

詳細は公式サイトを参照ください

>>かるみるく公式サイトへ

カルシウムが不足するとどうなる?

・イライラしやすくなる

既に述べたように、すぐには症状が現れません。なぜなら骨に貯蔵されているから、不足分のカルシウムは骨から供給されます。ですから、いつの間にか骨粗鬆症に・・・ということも考えられます。

さらに・・・
骨から血液中に過剰に溶けだし続けると、血管内側に詰まる→高血圧や動脈硬化など

ちなみに、適度な運動も、骨から溶け出すのを防ぐ効果があります!

それと、

日本は軟水なので、カルシウムが不足しやすいのです。植物も水を与えられて育ちますから、含まれるカルシウム少ない!

カルシウム不足になる原因

  • ストレスは神経を休めるためカルシウムを消費する
  • 「リン」の過剰摂取。加工食品に含まれるリンはカルシウムと結びつき、逃がしてしまいます!