かるみるくの口コミ評判|オススメできない3つのタイプの人とは?

複数の種類があるカルシウムサプリメント。

  • 一体どのように選べばいいの?
  • 選ぶべき商品の基準は何?

というお悩みがあるかもしれません。安価な商品も流通していて、価格が高い商品との違いが何なのか良くわからない!という疑問があります。

(私がそうでした)

そこで、まずはカルシウムサプリメントの選び方のポイントと、その中でもかるみるくを選ぶべき理由に関して、解説していきたいと思います。

数あるカルシウムサプリから「かるみるく」が選ばれている理由

カルシウムサプリメントの中でも、かるみるくが選ばれる4つのポイントがあり、それぞれ順番に見ていきたいと思います。

先に4つのポイント述べてしまうと、

  • 体に吸収されやすい種類のカルシウムが配合されている商品
  • カルシウムの吸収をサポートする成分が入っている商品
  • 粒が小さいなど、飲み込む(噛み砕く)ことに苦労しない商品
  • 味が美味しい商品(噛み砕く商品の場合)

①吸収率の良い「ミルクカルシウム」配合の商品を選ぶ

実は、カルシウムは体内に非常に吸収されにくい栄養素なんです。しかも、その吸収率というのは、年齢とともに減少します。一般的に年齢ごとのカルシウムの吸収率推移は以下の通りです。

  • 幼児期は75%程度
  • 10代では40%程度
  • 20代~30代では30%程度
  • 40代~50代では20%程度
  • 60代以上では10%程度

40代以上では、摂取したカルシウムの8割以上が吸収されず、排出されてしまうのです。

そして重要な事は、カルシウムの種類別でみた際に「吸収率の良い悪い」が存在するということです。例えば、同じカルシウムでも、その吸収率は以下の通り2倍もの差があり、

  • 乳製品以外:20%~30%程度
  • 乳製品:50%以上

「かるみるく」には、最も吸収率の良いミルクカルシウムを採用しています。

カルシウムサプリメントはお手頃なものから、価格の高いものまで玉石混交ですが、吸収率の良いミルクカルシウムを採用しているサプリメントは極めて珍しいと思います。

そして、原料となる牛乳はフランス産のものを使用しています。フランスってチーズの消費量が世界一なのをご存知でしょうか?それだけ乳製品大国であり、広大な土地で育てられた牛のミルクは、栄養価が高く、高品質のものが多いのです。

②カルシウム以外の吸収をサポートする成分が入っているか

カルシウムは非常に重要な成分なのですが、既に述べたように、体に吸収されづらいという難点があります。

ですから、カルシウムの吸収をサポートする成分・栄養素も配合されている、というのが、カルシウムサプリメント選びの1つの判断基準です。

カルシウムの吸収をサポートする成分として、代表的成分は以下の通りです。

  • マグネシウム
  • ビタミンD
  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • PCC

特に重要視すべきは、マグネシウムとビタミンDです。カルシウムとマグネシウムを2:1の割合で摂取すると、非常に効率よく体に吸収されるということが知られています。

また「ビタミンD」は、カルシウムの吸収を助ける重要な栄養素です。日光を浴びることでビタミンDの生成が活発になります。しかし、現代人は外に出て日光を浴びる時間が減っている傾向にあります。そんな方にとっても、ビタミンDは、貴重でうれしい栄養素となります。

③飲みやすいか(食べやすいか)

毎日サプリメントを摂取する場合、やはり飲みやすさ(食べやすさ)は重要な要素となります。粒が大きく、飲み込みづらかったりすると、飲むのが億劫になって、そのうち飲むこと自体をやめてしまうかもしれません。

「継続すること」が体にとっては重要なので、途中で止めてしまうような「飲みにくいサプリメント」は避けるべきです。かるみるくの場合は、飲み込むタイプではなく、噛み砕いて食べるタイプなので、カプセルや錠剤を飲み込むことが苦手な方でも安心です。

④味が美味しいか

かるみるくは噛み砕くタイプですので、味も重要な要素だと思います。

従来のカルシウムサプリは、噛み砕いたときにパサパサで粉っぽい感じがしたり、独特の苦味を感じたりしたものです。かるみるくは、キシリトールヨーグルトパウダーオリゴ糖などを配合し、ほどよい甘さで、食べやすいフレーバーに仕上がっています。

■■かるみるくをオススメ出来ない3つのタイプの人とは

実は、「かるみるく」は全ての方ににオススメできるわけではありません。以下の項目に当てはまる方は、購入する前、もう一度だけ「本当に必要か?」ということを考えることをおすすめします。

①小さいお子さんと一緒に食べようと思っている人

具体的には15歳未満のお子さんです。乳幼児や小児は、通常の食事をしていればマグネシウムが不足することはないとされています。

ですので、マグネシウム成分が入っている保健機能食品(サプリメント)は、「乳幼児および小児は摂取することを避ける」という表記をするよう、法律で義務付けられています。

既にお伝えしたように、かるみるくにもマグネシウム成分が含まれているため、15歳未満のお子様は摂取を避ける必要があります。

②乳製品が好きで、カルシウム摂取が十分な人

普段から乳製品を積極的に食べている人は、十分カルシウム摂取できていると思われるので、敢えて、かるみるくのようなサプリメントを食べる必要はありません。

カルシウムを摂りすぎることで、便秘や腹痛の症状が表れることも指摘されているので、その点は注意が必要です。

③安価なカルシウムサプリメントを追い求める方

巷には、30日分を500円程度で購入できるカルシウムサプリも存在します。残念ながら「お手軽さ」を追求する方には、かるみるくはお勧めすることはできません。

こんなことを申し上げるのは失礼かもしれませんが、安いサプリメントには、安いなりの理由があります。

安いサプリメントには、ドロマイトという成分が含まれているケーズが多々あります。ドロマイトというのは、生物由来の石灰岩鉱石ですが、重金属中毒の可能性などが指摘されています。

以下は国立機関のHPから抜粋した内容です。

名称

ドロマイト [英]Dolomite [学名]-

概要

ドロマイトは鉱物の一種で、苦灰石、または白雲石ともいい、主な成分は炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムの複合体 (Ca・Mg(CO3)2) である。カルシウム等サプリメントの原材料として利用されることがあるが、ドロマイトには鉛、ヒ素、水銀等の重金属を含むものがあり、摂取した場合、重金属中毒を起こす可能性がある。俗に、「骨や歯を丈夫にする」と言われているがヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない。妊婦・授乳婦・小児の安全性については危険性が示唆されているため使用は避けるべきである。心臓ブロックのある人および重度の腎疾患の人は使用禁忌。その他、詳細については、「すべての情報の表示」を参照。

出典:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所(https://hfnet.nibiohn.go.jp/

安いサプリメントには、必ず「安い理由」がありますので、ご自身で十分注意し判断するようお願いします。

かるみるくの口コミ・評判をチェック。みんなの評価はどんな感じ?

まだ発売間もない商品なので、口コミを収集するのが大変でした。クラウドソーシングで、実際に体験した方のレビューを得られましたので、共有したいと思います。

41歳女性:かるみるくは更年期のイライラにピッタリの商品

探していたサプリメントが見つかりました!更年期が近づいてきて、最近かなりイライラしやすいことを自覚し始めました。私は牛乳が嫌いなので、カルシウムが不足しがちなのも一因かもしれません。

そんな私にとって、ミルクカルシウム由来のカルシウムを配合した「かるみるく」とても嬉しい商品でした。定期購入の初回に、コラーゲンの商品も付属していたので、とてもお得感がありました。味もヨーグルト風味で美味しく、牛乳嫌いの私には本当にぴったりのサプリメントでした。これからも継続していきたいと思います。

50代女性:カルシウムの「スカスカ」対策として購入しました

50代になり、カルシウム不足が顕著になり、お医者さんから「スカスカ」の危険があることを指摘されました。食事によるカルシウム摂取を勧められましたが、チーズや牛乳といった乳製品があまり好きではなく、サプリメントを探していました。

身近な友人が食べていた「かるみるく」を勧められ、私も始めてみることにしました。いわゆる、錠剤タイプの「飲み込む」サプリが苦手でしたが、かるみるくは噛み砕いて食べるタイプなので、とてもおいしく続けられています。

>>かるみるくの詳細はコチラ
↓↓

かるみるくの特徴的成分を考察

カゼインホスホペプチド(CPP)

これも、ミルク由来の成分です。カルシウムやマグネシウムの吸収を阻害する「リン酸」の働きを阻止し、より効率的なカルシウム吸収が可能です。

クエン酸

さつまいも由来のクエン酸で、カルシウムの吸収を助ける働きを担います。それだけではなく、クエン酸自体は、体内でエネルギー源となります。

少し専門的になりますが、体内のクエン酸回路(TCAサイクル)内で、大量のエネルギー(ATP)を産生する出発点の成分がクエン酸です。よりエネルギッシュで、活発な活動をサポートしてくれる成分です。

かるみるくの飲むタイミングと効果的な飲み方

かるミルクの公式ホームページを見る限り、食べるタイミングや量について、特に指定はありません。

ただ、私としては食後は避けたほうが良いと考えています。
詳細はコチラに記載しました。

関連記事:

かるみるくの飲み方と飲むタイミング!いつ飲むのが効果的?

外部サイト:かるみるくの口コミ

摂取量に関しては、現状のカルシウム不足量から考えて、何粒摂取すべきか考えるようにするのが良いです。

1日当たりの、カルシウム摂取推奨量(厚生労働省)

  • 成人男性:650-800mg
  • 成人女性:650mg

一般的な日本人のカルシウム摂取量は、500mg程度と言われています。平均的な日本人の場合、1日の不足量の「200mg程度」と考えられます。

かるみるくは、3粒で374mgのカルシウムを配合しているので、1日当たり2粒程度でも十分かもしれません(一般的な人の場合)

そうすると、結構リーズナブルではないですか??

カルシウムの吸収を阻害してしまう食品に注意。

カルシウムの吸収をサポートする成分があることは、既に述べた通りです。こういった嬉しい成分とは逆に、カルシウムの吸収を妨げてしまう成分があるのをご存知でしょうか?

具体的には「リン」などが該当します。リン自体はミネラルの1種で非常に重要な栄養素ですが、インスタント食品やスナック菓子等に多く含まれるため、過剰摂取には注意する必要があります。

せっかくのカルシウムサプリの効果を阻害してしまわぬように、このような加工食品の食べすぎには十分注意する必要があります。

かるみるくがオススメな人

実に日本人の60%がカルシウム不足だと考えられています。
出典:厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/

当然、カルシウムの摂取不足の方に「かるみるく」をお勧めするわけですが、単にカルシウム不足という方以外にも、以下の項目に当てはまる方は、かるみるくを試してみると良いかもしれませんね。

  • 食生活が不規則な方
  • 閉経後の女性
  • 授乳をしている方
  • 最近イライラしやすくなった方
  • 同一年代と比較して、血圧が高めの方

かるみるくの成分から考える副作用とは

かるみるくは栄養機能食品に分類され、文字通り「食品の一種」なのです。栄養機能食品とは簡単に説明すると、特定の栄養素(かるみるくの場合は、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD)が国の定める一定の基準値含まれている商品のことです。

条件を満足した場合、「栄養機能食品」と表示することができます。

基本的には食品ですから、副作用という考え方は正しくありません。

ただし、食品からでも栄養素の過剰摂取というのは十分あり得るので、その点は注意が必要です。

  • カルシウムの過剰摂取は便秘や腹痛
  • マグネシウムの過剰摂取は下痢
  • ビタミンDの過剰摂取は腎機能障害や食欲不振、嘔吐

かるみるくの効果は?効果なしという悪評の理由とは?

まず、かるみるくは栄養機能食品であり、医薬品ではありません。ですから効果がある効果がないというような表現をするのは、そもそも間違いです。

サプリメントに頼るのだけではなく、日頃の食事内容や、生活習慣を見直していくことが最も重要です。それに加えて、補助的にサプリメントで不足する栄養素を補う。というのが正しいサプリメントの使用方法です。

当然、かるみるくもこの考え方は同様で、「続けていて良かった」と実感できるまでには、ある程度の期間が必要でしょう。一朝一夕に変わるものではありませんから、継続して長く続けるというのが健康の秘訣です。

かるみるくの公式販売会社の評判はどんな感じ?

「株式会社コハルト」という企業が販売しています。福岡県に本社所在地がある会社です。

かるみるく以外にも、以下の商品を販売しています。

①女性のためのお口のケア商品「はははのは」

②ニオイエチケット対策の決定版「すきいきぷらす」

ひとまず、複数商品を販売している実績があるので、安心ですね。「新参者」というわけではなさそうです。

かるみるくは楽天やアマゾン・ドラッグストアで販売している?

購入するのであれば、やはり最安値で手に入れたいですよね?どこが最も安く手に入るか確認してみました!

楽天市場での販売

残念ながら楽天での販売はありませんでした。

アマゾンでの販売

楽天市場同様、アマゾンでもタノ異なる商品が表示され販売はありませんでした。

ドラッグストアや薬局での販売

これは私の近所でしか確認ができませんでしたが、いわゆる全国大手のドラッグストア(マツ○ヨなど)での取り扱いは確認できませんでした。

やはり公式サイトから購入するというのが、現時点では唯一の購入方法のようです。

かるみるくを初回お得に購入するには?

公式サイトの定期便を利用しましょう。毎月1袋お届けコースであれば、初回限定価格で1980円と63%OFFで購入することが可能です。

また、定期便によくありがちな、「お受け取り回数●回以上」というような、いわゆる継続回数縛りは存在せず、初回のお届けで商品をあまり気に入らなかった場合、2回目のお届けからをキャンセル(定期便休止)することが可能です。

その際、発送日の10日前までにサポートセンターへ連絡する必要があるので、その点はご注意ください。

>>かるみるくの詳細はコチラ
↓↓